小山登美夫「現代アートビジネス」

謎めいていた現代アートマーケットについて、いろいろとすっきり理解することができました。小山さんはかなり良心的な人のようだ。

現代アートビジネス (アスキー新書 61)

現代アートビジネス (アスキー新書 61)