池内紀「散歩本を散歩する」

散歩の達人」で連載されてた能町みね子さんの本を出版社のネットショップで買うついでに目に付いたので一緒に注文してみた。タイトル通りいろんな散歩本をとりあげてて、内容は好みのはずなのに今一つはまらず。

散歩本を散歩する (散歩の達人POCKET)

散歩本を散歩する (散歩の達人POCKET)

 

 

宮脇孝雄「翻訳の基本」

内容はしっかりしてるのに、適度に肩の力が抜けててユーモアもあっていい本。宮脇先生すてき。翻訳、やっぱりちゃんと勉強したいなーと思いつつ、最後の方で時代考証の大切さも出てきて、奥深さも思い知った。

翻訳の基本―原文どおりに日本語に

翻訳の基本―原文どおりに日本語に

 

 

 

長谷川町子「おたからサザエさん」2

アンケートハガキに「姉妹社版サザエさんが復刊されたら購入しますか?」という文言を発見。復刊の企画があるのかな。私は古本で揃えちゃったから復刊しても購入はしないと思うけど、でも是非復刊されて欲しい。そしてお医者さんの待合室に置かれて欲しい。

おたからサザエさん 2巻

おたからサザエさん 2巻

 

 

近藤聡乃「A子さんの恋人」4

8/1が誕生日でもうすぐなんだけど、A君が8月生まれで、8/1のふたりの描写で話が進んでいくのがちょっと嬉しかった。

 

A子さんの恋人 4巻 (ハルタコミックス)

A子さんの恋人 4巻 (ハルタコミックス)

 

 

 

村上春樹「ラオスにいったい何があるというのですか?」

紀行文は書くことありきだと旅行中もそのことが頭を離れなくてなんだし、でも書かないと後から記録を残しておけばよかったなー、でも紀行文は直後に集中して書かないとだめだからな、みたいなことをあとがきで書いてらして、そう思うと、残されてる紀行文のありがたさよ。

 

 

岸政彦「ビニール傘」

「俺」や「私」が次々と変わっていく。時制が入れ替わっているのかと思いながら読んでいくと、そういう訳でもないようだ。それぞれの人生、違うようで似ている、ということなのかな、とか読み終わってから考えながら、荻上チキさんのラジオに岸さんが出た時のラジオクラウドを聞いたら、著者の意図としては「俺」はずっと一緒で世界が変わっている、ということらしい。岸さんらしい文章で不思議な小説だった。和歌山の小さな町の出身の女の子の人生をしみじみ考えたりする。

ビニール傘

ビニール傘

 

 

池辺葵「ねぇ、ママ」

閉店する前にもう一度青山ブックセンター六本木店へ向かう途中、友だちから「今文化庁メディア芸術祭やってるよ」と教えてもらい、国立新美術館へ行ってみた。メディア芸術祭、話にはよく聞くけど実際に行くのは初めてだ。マンガ部門で大賞をとっていたのがこの作品。会場では一作目の「きらきらと雨」が展示されてて、読みながら唸った。鯛の塩釜を割る母親の姿。

 

その後行った青山ブックセンターで単行本が売られていたので、記念に買った。展示を観た記念と、閉店の記念。他の収録作もすごくよかった。映像などで表現されたらきつい状況もかわいらしい絵柄で辛くなり過ぎずに読める、けどやっぱりものすごくせつない。短編小説のようでありながら、マンガだからこそ描ける世界観。

 

ねぇ、ママ (A.L.C.DX)

ねぇ、ママ (A.L.C.DX)