菅原正二「ジャズ喫茶『ベイシー』の選択」

ベイシーには一度だけ行ったことがある。岩手でも夏は暑くて、アイスコーヒーがおいしかった。暗い店内で大きなスピーカーの音を聴きながら、壁に書かれた著名人たちのサインを眺めてた。

この本は飲み屋でおじさんのめんどくさい話に付き合っているような内容ではあるけど、ベイシーにまた行きたいなとは思う。

 

 

東野幸治「この素晴らしき世界」

いろんな芸人さんをいじり倒していてるんだけど愛があるんだよなあ。東野さん自身も、幻ラジオ以降イメージがだいぶ更新されたな。信頼できる。

単行本で読んだけど出てこないのでKindleのリンク。

この素晴らしき世界

この素晴らしき世界

 

 



 

新井素子編「ショートショートドロップス」

新井素子さんが集めたショートショートというにはちょっと長い短編を集めた本。新井素子さんの本は中高生の頃こなり熱心に読んでいて、まえがきで久しぶりに文章を読んで、その文体の変わりなさにくらくらし、初めの二編がぬいぐるみの話だったので、ああ、これこれ…!と懐かしい気分になった。手練れの短編ばかりで短編集としても面白いんだけど、編者の個性が強く感じられる一冊だった。

 

ショートショートドロップス

ショートショートドロップス

 

 

 

若菜晃子「東京甘味食堂」

食事を軽く済ませたいとき、甘味屋さんでお雑煮とかにゅうめんとか食べるのがすごく好きなんだけど、この本では、甘味屋さんで甘いものばかりでなくて食事もよくしていて嬉しくなってしまった。有名どころ以外の街の甘味屋さんにもどんどん入っていきたい。

文庫化もされたけど、単行本で読んだ。

f:id:mosmos:20200919135515j:image

吉田豪「聞き出す力」

読む側は面白いんだけどバンバン裏話暴露されてる側はたまったもんじゃないだろうな。徳光さんと伊集院さんが取材NGにする気持ちもよくわかる。

聞き出す力

聞き出す力

 

 

 

里村明衣子「『かっこいい』の鍛え方」

雨宮まみさんが熱心に応援してたことで知った女子プロレスラー。がんばりが半端じゃなくてとても真似できないし尊敬しかない。

 



 

パリッコ「酒場っ子」

あーーーこういういわゆる大衆酒場にふらりと入って、勝手がわからずドキドキしながら注文するのを楽しみたいものですな。今行くと違う意味でドキドキしちゃんだよなー。

酒場っ子

酒場っ子