読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

向田和子「向田邦子の恋文」

この手の本はいやらしい気がして手を出さずにきたけど、向田邦子さんの人となりのよくわかる本、と聞いてついに手を出してみた。亡くなると神格化されるものだけど、それにしても出来過ぎた方だよ。(この手の本、といえば、高峰秀子さんの書いたものがすごく好きなのだけど、晩年養女になった方が死後すごい勢いで彼女の原稿を次々と出版していて、しかもあとがきを自分で書いたりしているのに憤懣やる方ない気持ちを抱いてしまっています)

向田邦子の恋文 (新潮文庫)

向田邦子の恋文 (新潮文庫)