読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

沢村浩輔「夜の床屋」

地方大学生の遭遇する謎、というミステリ短編集だと思って読み進めてたら、なんだかえらいこと現実離れした話になってきたのでなんだかしっくりしないまま読み終えた。そこがこの本の魅力だ、って解説にはあったけど。

 

夜の床屋 (創元推理文庫)

夜の床屋 (創元推理文庫)