読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

有吉佐和子「悪女について」

彼女に関わった様々な人の目線から見た一人の女性の話。太田光さんが好きな本として挙げていたような(そしてこの小説を基にラジオのコーナーができてた)。語り手が変わるたびに違う側面や事実が出てきて、読み出すと止まらない。最後はあっさりしてた。有吉佐和子読むの初めてだけど、さすがに面白いなー。他の作品も読んでみよう。

 

悪女について (新潮文庫 (あ-5-19))

悪女について (新潮文庫 (あ-5-19))