読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 福田里香/藤本由香里/やまだないと「大島弓子にあこがれて」

5年前、面白そうだな、と軽い気持ちで受講した朝日カルチャーセンターでの著者お三方による豪華講義が、時を経てものすごい質と量の資料を蓄えた一冊になった。すごい。関係者皆さまの大島先生への熱意と愛のたまものだ。読みながら、福田さんがあのときされていた、お菓子の仕事をすることになったとき、これならネームが切れる、と思った、という話にもう一度触れて、ネームが切れる、ってなんていい表現なんだろう、と思ったことをまざまざと思い出した。