アガサ・クリスティー「鏡は横にひび割れて」

ものすごく哀しい結末だった。人をいらいらさせる親切心の持ち主、ナイトの存在が効いてたんだと読み終わってから気づく。