友だちの出演する演奏会に行った。ピアノ、オーボエファゴットの曲で日本初演のものがあったのだけど、それが初めて観る演奏形態で面白かった。最初にピアノがステージで演奏し始めると、舞台袖からオーボエファゴットの音が聞こえてきて、そのうちその管楽器の二人が吹きながら入ってくる。そして、ステージのあちこちに立てられた譜面台の前を行ったり来たり移動しながら、演奏が続くのである。視覚的にも変化があるのがよかったです。でも、譜面にはどんなふうに指示が出てるんだろう…と気になって仕方なかった。