磯部涼「ルポ川崎」

web連載中から衝撃を受けながら読んだ。遠くない街のことだけど自分の育った環境と大きく違ってて戸惑う。川崎市出身の同い年の同僚と横浜市にいた私とで中学時代の話をしたとき、同じく公立中学なのに、教師が生徒に手をあげたことが大ニュースになるような…

東山紀之「カワサキ・キッド」

東山さんが川崎のヘビーな地域で育った話を。磯部涼さんの連載の川崎の話(最近出た単行本を友達から借りているので、これから読む)を思い出しながら読む。 カワサキ・キッド (朝日文庫) 作者: 東山紀之 出版社/メーカー: 朝日新聞出版 発売日: 2015/08/07 …

平田俊子「低反発枕草子」

ちょうどいい感じのエッセイらしいエッセイだった。 低反発枕草子 作者: 平田俊子 出版社/メーカー: 幻戯書房 発売日: 2016/12/22 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (1件) を見る

柘植文「中年女子画報」

今の私と同い年の柘植さんがいろんなことにチャレンジする漫画。リアルでありがたい。 中年女子画報 (バンブーコミックス エッセイセレクション) 作者: 柘植文 出版社/メーカー: 竹書房 発売日: 2016/03/25 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る

施川ユウキ「バーナード嬢曰く。」

読書好きな人に勧められたまんが。高校の図書室大好きだったな。今思い返すと本のセンスもよくて。先生にはなんの思い入れもないんだけど、司書の方には会いたい。 バーナード嬢曰く。: 1 (REXコミックス) 作者: 施川ユウキ 出版社/メーカー: 一迅社 発売日:…

山本さほ「岡崎に捧ぐ」1、2

地元が近いのでweb連載中から気になっていたんだけど、トークショーが当たったので読んでみた。んだけど風邪ひいたので行くの厳しそうだな。岡崎さんの実家すごい気になる。 岡崎に捧ぐ(1) (コミックス単行本) 作者: 山本さほ 出版社/メーカー: 小学館 発…

田中圭一「うつヌケ」

書き漏れてた。 うつになるところ、うつから抜け出すところまではよくあるっちゃあるけど、そこからまたうつになる話が普通に描かれてるのがいいと思う。 うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち 作者: 田中圭一 出版社/メーカー: KADOKAWA 発売日: 2017/01/19…

伊藤理佐「みたび!女のはしょり道」

わたしですら追いつけないくらいに、はしょりっぷりがすごいことになってる。VOCEの読者はどんな気持ちで読んでるんだろう。 みたび! 女のはしょり道 作者: 伊藤理佐 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2017/11/10 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品…

ヨコイエミ「カフェでカフィ」1

Kindleでたまたまおすすめに出てきて何も前情報なく、絵柄が気になって読んでみた。最近そういう買い方してなかったな。ちゃんと面白くてよかった。 カフェでカフィを (マーガレットコミックスDIGITAL) 作者: ヨコイエミ 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 20…

竹内佐千子「もう楽しいことしかしたくないから、イケメンに会いに行った。」

タイトルに負けるよね。 もう楽しいことしかしたくないから、イケメンに会いに行った。 (本当にあった笑える話) 作者: 竹内佐千子 出版社/メーカー: ぶんか社 発売日: 2016/09/15 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る

羽海野チカ「3月のライオン」13

淡々と進むこんな巻もとてもいい。 3月のライオン 13 (ヤングアニマルコミックス) 作者: 羽海野チカ 出版社/メーカー: 白泉社 発売日: 2017/09/29 メディア: コミック この商品を含むブログ (11件) を見る

大城さとし「おばぁタイムスリー」

タイトルも自由。タイムスリーて。 おばぁタイムス 3 作者: 大城さとし 出版社/メーカー: 沖縄タイムス社 発売日: 2015/12/01 メディア: コミック この商品を含むブログを見る

大城さとし「おばぁタイムスツー」

沖縄タイムスでの連載四コマ、1巻を随分前に買ってから、次の巻出ないかなーとずっと待ってたら、「ツー」と「スリー」が同時に発売された。同時て。なんて自由な。この漫画を買いたいという口実で、春に迷ってた沖縄遠征に行ってきた。 ちなみに4巻も今年発…

よしながふみ「きのう何食べた?」13

パートさんの旦那さんが夕飯担当する話、ありきたりなオチじゃなくてすごく建設的でよかったなー。ゲイカップルってだけじゃなくて、いろんな家族のあり方が普通に描かれてていい。 きのう何食べた?(13) (モーニング KC) 作者: よしながふみ 出版社/メーカー…

若林正恭「表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬」

ダヴィンチの連載でキューバ旅行のこと書いた文章がすごくよくて、だからこの本の内容もなんとなく知ってる気になってたんだけど、一冊の本の分量で読むと予想を超えてほんとうによかった。紀行文とかじゃない、私小説ってこういうのを言うんだっけな。知ら…

海野つなみ「逃げるは恥だが役に立つ」9

話としてはすごくいいし、特に最後はみくりより百合ちゃんの話に釘付けだったけど、絵がなー。一度気になるとずっと気になっちゃって。 逃げるは恥だが役に立つ(9) (Kissコミックス) 作者: 海野つなみ 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2017/03/13 メ…

田亀源五郎「弟の夫」1

かなちゃんいい子すぎて。 弟の夫 : 1 (アクションコミックス) 作者: 田亀源五郎 出版社/メーカー: 双葉社 発売日: 2015/06/12 メディア: Kindle版 この商品を含むブログ (1件) を見る

伊藤比呂美「閉経記」

夏になると海に行く。行き先は鎌倉か葉山が多い。鎌倉駅の近くにたらば書房という本屋さんがあって、ぱっと見普通の町の本屋さんなのだけど、本のセレクトやただずまいがすごくよくて、この本屋の近くに住みたいと思う。たらば書房とロンディーノ(近くの喫…

小林銅蟲「めしにしましょう」1

私にはちょっと大味過ぎたな。 めしにしましょう(1) (イブニングコミックス) 作者: 小林銅蟲 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2016/11/22 メディア: Kindle版 この商品を含むブログ (5件) を見る

伊藤理佐「ステキな奥さん あはっ」

伊藤さん47歳かー人生の先輩としてこのまま描き続けて欲しい。いろいろ共感しかない。 ステキな奥さん あはっ 2 作者: 伊藤理佐 出版社/メーカー: 朝日新聞出版 発売日: 2017/07/20 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る

雨宮まみ「だって、女子だもん‼︎」

峰なゆか、湯山玲子、能町みね子、小島慶子、おかざき真里と対談相手並べただけでもおもしろい。対談相手にはその後がたくさんあるのに、雨宮さんだけ止まってしまったのはつまらない。 だって、女子だもん!! 作者: 雨宮まみ,峰なゆか,湯山玲子,能町みね子,…

池辺葵「プリンセスメゾン」1〜4

webで読んでたけど、読みそびれた回もあるし、まとめてちゃんと読みたくて。マンションを買ったらおしまい、じゃなくて、その後も続くのがすごくいい。 プリンセスメゾン(1) (ビッグコミックス) 作者: 池辺葵 出版社/メーカー: 小学館 発売日: 2015/06/26…

長谷川町子「いじわるばあさん」2

今読むと結構えぐいな いじわるばあさん2巻 作者: 長谷川町子 出版社/メーカー: 朝日新聞出版 発売日: 2013/12/06 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (2件) を見る

三浦しをん「星間商事株式会社社史編纂室」

設定もお話の運びも漫画みたいなおもしろさ。サリメニの女王て。 星間商事株式会社社史編纂室 (ちくま文庫) 作者: 三浦しをん 出版社/メーカー: 筑摩書房 発売日: 2014/08/08 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る

吉田戦車「まんが親」5

お父さんの吉田戦車さんにもお母さんの伊藤理佐さんにもネタにされる娘さん、それぞれの目線で描かれるのが面白かったのだけど、お父さん目線はこの巻でおしまい。さびしいな。戦車さんのエッセイまんが、また別の形でもいいから読みたい。 まんが親 5 (ビッ…

松本隆「微熱少年」

渋谷のパルコブックセンターがなくなるときに、このお店らしい本をと思って買った。松本隆先生の作詞は大好きだけど、エッセイは意外としっくりこなかった。作詞曲では、藤井隆さんの絶望グッドバイが大好きです。 エッセイ集 微熱少年 (立東舎文庫) 作者: …

三浦しをん「神去なあなあ夜話」

林業や神去村にしっかり馴染んでいく勇気かわいいのう。 去年御柱祭行くことになって、このシリーズのこと思い出して買ったままほっといてた本。木は尊い。 神去なあなあ夜話 (徳間文庫) 作者: 三浦しをん,金子恵 出版社/メーカー: 徳間書店 発売日: 2016/06…

乙葉「10years 乙葉ののんびり日記」

おとちゃんがかわいいのでブログ本にまで手を出してみる。どこまでもまじめでかわいくて、藤井さんに愛されててたまらん。 10years―乙葉ののんびり日記 作者: 乙葉 出版社/メーカー: アメーバブックス新社 発売日: 2008/11 メディア: 単行本 クリック: 1回 …

近藤聡乃「A子さんの恋人」3

別れそうで別れなさが、じわじわとやな感じにリアルなんだよなー。A君がBさんを家にあげながら、A子さんを思い出すのがすごくよかった。わたしはA君いいと思うの。 A子さんの恋人 3巻 (ハルタコミックス) 作者: 近藤聡乃 出版社/メーカー: KADOKAWA 発売日: …

小林聡美「読まされ図書室」

外でコーヒー飲みながら、読みかけのこの本を読もうと思ったらあっという間に読み終わってしまって手持ち無沙汰になってしまった。この本で飯島奈美さんが紹介している「十皿の料理」が家にあるから読みたいなと思いながらコーヒーを飲み切った。 読まされ図…